ハタナカグループ

ハタナカグループのSDGs

 

ハタナカグループSDGs宣言

ハタナカグループは、企業理念である「人と自然の調和、安心で快適な暮らしの実現に貢献する」の下、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し、企業活動を通じSDGsの達成に向けた取り組みを行っていくことを宣言します。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。2015年9月の国連サミットにおいて、全加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。2030 年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

ハタナカグループのSDGs取組

今後、持続可能な社会資本整備推進のため

1.   公共事業における貢献

2.   環境への配慮

3.   働きやすい職場づくり

4.   地域への貢献

4つの分野を中心にSDGsの達成へ向け取り組んでいきます。

1.公共事業における貢献:地域の社会資本整備に貢献する

社会資本整備を担う企業体グループとして、創業以来培ってきた技術をもって、工事・製品・サービスの品質向上に常に取り組み、地域のインフラ整備をすると共に地域経済を支えます。 

 

2.環境への配慮:「品質・環境・労働安全衛生基本方針」の推進

環境マネジメントシステム(ISO14001)に準じ、調達から廃棄、さらに産業廃棄物のリサイクルなど、環境に対する取組みと社内意識の向上を徹底し、環境への負荷軽減を実践します。 

3.働きやすい職場づくり:安全で衛生的な現場計画策定と実践

安全で働きやすい職場環境づくりと福利厚生の積極的推進により、全社員が仕事にやりがいとプライドをもって、多様な働き方と自らの夢を実現できる組織づくりを実践します。

 

4.地域への貢献:雇用創造・災害復旧への迅速対応

「現場単位で何か取り組みを」というマインドで、積極的に社会貢献活動を実践すると共に、レジリエントなグループを目指しBCPを推進し地域社会に貢献。地域社会・経済を俯瞰し、好循環が創出されるような取り組みを実践します。

   

 

 

Page Top Page Top